包茎じゃない!

本日、南房総へ行ってきた。移動教室という小学校5年生が体験する宿泊イベントで、都内の業者が急遽都合がつかなくなり、私に依頼が廻ってきた。といっても最後の1日だけ。楽なものである。

オイシイ仕事とはこのことだ。

事前にもらっていた仕事の詳細で、学校名を見て目を疑った。包茎と書いてあったからである。

いや、ホウケイと同じサウンドの漢字違いである。豊かな渓、と書いてホウケイ。

の、小学校である。女性の先生は赤面というか、いちいち口にするのは嫌であろう。

職場がそういう名前なのだから仕方がない。それも、学校名を言うときに、下の「小学校」は省いて言うことが多いから、上だけ言ったら完全に包茎としか聞こえない。

で、朝、現場に入って、そのへんにいた若い男の先生に、ホウケイ小さんでしょうか? と訊いたところ、別の学校の先生であったため、その人は強い調子で、「ホウケイじゃない!」と返答した。

見ず知らずの男に、「包茎ですか?」と聞かれ、「包茎じゃない!」と返答しているのである。

この部分だけ録音して知らぬ人に聞かせたら、いったいどういう会話だ、と思うだろう。

きっとバスガイドさんだって、包茎小の皆さんコンニチハ、なんて言うのだから気恥ずかしいよなあ。

広告を非表示にする