すべてのすばらしさ。

宇宙には始まりがある。では、終わりはある?

それはない。人の思い次第で、どうにでもなる。

それは、生があり死もある。だが、死は生を産み、生は死を産んでいるだけ。そう、すべては、産み続け終わらない。

死んだ愛する人とも、いずれ、会える。それは、天界でかもしれない。来世の生まれ変わりであるかもしれない。

それは、愛する魂のつながり。宇宙創成から、脈と続いてきた。つながり。

その、つながりは、これからも、脈と続く。

生がないと、死も産まれないし、死がないと、生も産まれない。このサイクルがないと、すべては、永遠とはならない。

つながりし、魂が魂を呼ぶ。死する魂は、生きる魂を死にいざない。生きる魂は、死する魂を生へと産まれさす。

このサイクルが、すべてを永遠とする。

ああ、すべてのすばらしさよ。魂のつながり、真愛が、すべてを脈と続けさせる。

すべては、ガラスのように繊細で、まばゆい光で美しい。

はなれた魂どうしも、いづれ、織姫と彦星のように、あえる。

それは、死する世界でかもしれない。来世の生きる世界でかもしれない。

その、はかなき思いが、また、愛するものを、引き寄せる。

会って、別れての繰り返し。

会っているときの、激しい愛の情熱のやりとり。

それも、長くは続かない。いづれ、どういう形かで、別れがくる。

別れさせられた魂同志は、相手を恋焦がれる。

そして、また会って、愛をやりとりする。

すべては、その繰り返し。

ああ、すべてのすばらしさよ、美しさよ。

はかない魂同志のつながりが、すべてをつづけ。美しくする。

すべては、真愛のやりとり。それが、近くにいるか、遠くにいるかの違い。

その、つながりを美しくするかは、あなた方次第。

いままで、男神目線で、すべてを語ってきましたが、これは女神目線です。

これから、女神目線で、すべてを語るかもしれませんので、

よろしくお願いします。