リセット

担当するうちに情が移り過ぎてウッカリねぇ、お母さんなんて呼び間違えたさんが逝ってしまった。

20年も居てひどく我儘だったが、すごく優しくて必ずありがとうね。気をつけて帰ってね。と言ってくれたさんも逝ってしまった。

100歳過ぎても軽介助でトイレに座れ、100年使った目でなお小説を読み、車椅子に足を組んでゆったりと座り夕日を眺めるのが好きだったさん。

彼女が描く絵は現実には存在しないグラデーションになった色合いで塗られこっちがいいろ?なんて言いながら心配になるほど集中して描いていた。

それは普通の人では思いもつかない色合いだった。

もしも生まれた時代が違ったのなら、芸術家になっていたのではないだろうか。きっと。

尊敬してやまないさんも逝ってしまった。

もっとこうしてあげれば良かった。

あーしてあげれば良かった。

と、思ってしまう。

そういう職場なのだし、割り切った事を言えば、誰かが亡くなれば、次に待ってる方が入所出来るのだけれど。

季節的な事もあってか、今度は可愛い可愛いさんが逝ってしまった。

彼女が望んでいる事を叶える事が出来なかった。

彼女の望みを知っていたのに。

ゴメンね。さん。

今夜は夜勤なのだが、この気持ちのまま仕事をすると他の方に不快な思いをさせてしまいそうなので、気分転換に出掛けました。

冬の新潟には珍しく良い天気。

温泉街に。

ここは通っただけ。

もう少し暖かくなったら来ようかな。

近くの日帰り温泉に行き、ひたすらボーーーッとする。

だいぶスッキリしてきたよ。

ヤギがいるジェラート屋さん。

寒いのでヤギいませんでしたーー()

今、一番に美味しいと思うパン屋さんに。

なんと!

4月に県外に転居されるそう。

楽しみが減ったTT

今晩、一緒に夜勤のみなさんにお土産。

ばたどら。

夕食は買って来たパン。

さんも食べるかななんて。

そう、さんの望みはパンが食べたいだった。

ゴメンね。

とうとう叶えてあげられなかった。

さんがいるつもりで一緒にいただきます。

自己満足だね(;)

美味しい、美味しいパンでした。

夜勤、行ってきます(oo)